自己処理」カテゴリーアーカイブ

意外と見られているうなじの産毛処理方法

ムダ毛の処理は女性の身だしなみにもなっています。足、わき、腕の処理は常識になっていますし、永久脱毛してしまっている方もいるでしょう。ムダ毛があるとないとでは、人からの視線も違ってきます。

しかし、意外と油断しているのがうなじです。うなじは首の後と横部分ですので、普段は自分では見えない部分です。うっかりチェックを忘れてしまっていた、産毛だから目立たないしと処理を後回しにしてしまうケースが多いですが、実はうなじはシーンによってはむしろ目立ってしまう場所です。

髪の毛をアップに人にあったり外出したとしましょう。自分の前に立っている人には見えませんが、すれ違いや後ろに来られた時には、うなじはちょうど目の高さですので自然と視線がいきます。ちょうど目の高さにあるので、産毛でもよく見えてしまうのです。脱毛処理をさぼっているなと思われてしまうかもしれません。さらに、美容室でヘアスタイルをきれいにしているつもりでも、髪はきれいになったけどうなじはちょっとということになってしまいます。見えないようで、見えてしまうと一気に細かく見えてしまう部位なので、常に手入れをしておきたい部分です。

しかし首の後ろは自分では見えませんし、自己処理しようとしても手も動かしにくいのが難点です。誤って肌を傷つけたりしては意味がありませんし、処理漏れがあると余計に恥ずかしいものです。おすすめは脱毛サロンでの脱毛です。肌に優しい方法できれいに傷みなく安全に処理してくれるのが脱毛サロンのメリットです。希望の部位だけを脱毛してくれる脱毛サロンも多くありますので、どこかの部位と一緒にでもいいですし、うなじだけでも脱毛できます。首の後ろは髪の毛との境目の微妙ですし、産毛と足のムダ毛との髪質も違います。個人の体質や髪質、部位によって適切な処理方法を選んでくれるプロなら、肌質もアップさせつつきれいな肌にしてくれるので安心です。

どんな時でもアップスタイルにしても堂々としていられる女性になるには、肌がきれいであることも大切です。いつもは髪の毛を下しているから気づきにくい部位ではありますが、意外にもムダ毛が目立つ部位だけに、スッキリさせてしまう方が手間も省けます。

肌をいたわる自己処理方法って?

間違ったムダ毛処理は、皮膚へ負担を掛けてしまいます。大切な肌をいたわるためにも、できるだけ負担を少なくする必要があります。

例えばカミソリ処理。カミソリ処理は表面上のムダ毛を一時的に処理する方法なため、すぐに体毛は成長をして処理をすることになります。カミソリ処理は肉眼ではわかりにくいですが、何度も処理することで皮膚にたくさんの傷をつけます。回復をしない皮膚状態を、さらに傷めつける行為は、ムダ毛のない状態であっても、見た目には美しくはありません。やがて炎症は常に起こっている状態となり、皮膚には黒ずみとなって目立つようになりますし、鳥肌のような皮膚状態になります。

乾いた素肌にカミソリをあててしまうのも問題ですが、カミソリ処理後にお手入れをしないと、もっと皮膚は乾燥します。皮膚の乾燥は皮膚を守っているバリア機能を弱くさせるため、乾きやすい上に肌のトラブルに見舞われるようになります。皮膚の状態が回復しないうちに自己処理をすることで、次第に皮膚トラブルは増えていきます。

カミソリ処理をするのであれば、清潔な状態の新しいカミソリを使うことです。皮膚への保湿を怠ることなく、処理のときにはシェービングクリームなどを必ず使用します。シェービングをしたあとには、水分と油分の補給をするお手入れをしましょう。アフターケアは非常に大事であり、皮膚の保湿をしたら、ケアに使用をしたカミソリのお手入れもする必要があります。カミソリのシェービング力が衰えてくるので、新しい替刃への交換もする必要が出てきます。

しかしカミソリ処理は一時的な処理ですから、何回やっても脱毛ではなく、除毛の効果でしかありません。頻繁な処理を必要としますし、皮膚は良いコンディションを維持しにくくなります。毛抜きでの処理もできますが、無理やり引き抜くために、皮膚には負担となって、やはり良い皮膚のコンディションの維持には程遠くなります。肌に負担をかける自己処理方法となるために、これまでのように自己処理を続けるならば、脱毛サロンでの脱毛を検討するのも良いでしょう。