脱毛コラム」カテゴリーアーカイブ

ムダ毛を濃くしてしまう6つのNG習慣

ムダ毛は、年頃になれば男女問わず多くの人が抱える体の悩みのひとつ。脱毛サロンを考えている人も多いでしょう。しかし脱毛サロンに通ったからといって、普段の生活がムダ毛に影響を及ぼしていれば、しっかりとした効果が期待できないこともあります。ここでは、ムダ毛を濃くしてしまう6つの習慣をご紹介します。

ムダ毛が濃くなる原因は、大きくいえばホルモンバランスの乱れと皮膚へのストレスにあります。

男性ホルモンの1つであるテストステロンは、男女を問わず分泌され、人にやる気や向上心、闘争心を高めてくれるホルモンです。普段は意欲的な生活をするのに良い働きをするのですが、これが分泌されすぎると、ムダ毛を濃くしたり髭を生やす原因となってしまいます。

テストステロンの増える原因は、運動不足や寝不足、喫煙といった生活習慣の乱れ。そして過度なダイエットによる栄養不足、ストレスの多い生活の継続、牛肉や豚肉など赤身中心の生活です。

また、加圧トレーニングのような過度な筋トレによってもテストステロンは分泌されますので、ヨガやストレッチなどの体をほぐす運動を中心にするべきです。

ムダ毛の濃くなるもうひとつの原因は皮膚へのストレスですが、これは脱毛や肌荒れによるものです。

皮膚がストレスを受けると、体は皮膚を守ろうとして皮膚を固くしたり、毛を増やしたり濃くして丈夫にしようとします。とくに自宅で行うカミソリでの剃毛は皮膚の表面ごと毛を剃ってしまうため、その影響は多大です。そしてすっきりつるつるの肌が癖になる毛抜きは、表面上は綺麗にみえますが、皮下には丈夫な毛根が残っており、毛穴が開いてしまったり、色素沈着や埋没毛など様々な皮膚トラブルを引き起こします。

どうしても自宅で自己処理をしたいときは、シェーバーでの剃毛が最も皮膚が傷つかず有効な脱毛方法です。また、冬は生活しているだけでも寒さによって毛は太くなる時期です。何よりも乾燥による皮膚ストレスは、毛を太く丈夫にするのに大変影響を及ぼしています。これを軽減するため、保湿クリームや保湿オイルでこまめに保湿をすることが大切です。

生活習慣の乱れ、過度なダイエットによる栄養不足、生活上のストレス、筋トレ、食べ物、そして自分で行う剃毛。ムダ毛を濃くしてしまうこの6つのNG習慣に気をつけて、生活を整えながら脱毛サロンに臨みましょう。

欧米ではVIO脱毛は当たりまえ

脱毛サロンで人気がある部位の一つがアンダーヘアです。VIO脱毛とも呼ばれてます。

欧米ではアソコの毛は処理をしていることが普通です。

その理由として、まずはビジュアル面です。

例えば薄着になったりランジェリー姿になった時、例えば毛がはみ出している、毛がボーボーでチクチクする、というのは彼のビジュアルを萎えさせます。欧米ではランジェリー姿の美しさ、薄着になった時の美しさも重視します。アンダーヘアがボーボーだとそれだけでNGなのです。

もう一つの理由は毛が生えていることのデメリットです。

欧米ではアンダーヘアが生えている状態は不衛生であり、愛しあうときなどにも良くない状態だと信じられているのです。実際、ラブタイムなどにも毛が邪魔でなんだか萎えてしまう、という男性は多いもの。脱毛サロンなどで処理をし、全く生えていない状態にすることが望ましいとされています。特に脱毛意識の高い国になると、女性は皆ムダ毛処理を積極的に行っています。

欧米の場合はアンダーヘアは全く無い状態が望ましいのですから、もちろんムダ毛なども許しません。ある程度の年齢になればケアをし、ムダゲ処理をするものとなっています。

ちなみに「アソコの毛を綺麗にしていない」ことは、文化的ではない、先進的ではないという意見もあります。欧米ではデリケートゾーンを綺麗にすることはパートナーに対する礼儀でもあり、同時に美意識の高さでもあるようです。

男性がドン引く女子のムダ毛5箇所

1つ目は腋です。

腋は女性が見られる際に、最も気になるムダ毛のチェックポイントになっています。人の目が集中しやすい顔の部分に近く、ちょっとした動作で見えやすいエリアですし、腋毛が処理されていないと相手に不潔な印象を与えてしまいます。酷い場合は、それまで好印象を与えていた相手に幻滅されてしまう事もあるものです。自分でしっかり剃毛や脱毛の処理をしたつもりでも、意外と剃り残しがあるエリアでもあります。

2つ目は脛です。

膝から下のエリアはどのような服装でも露出しやすく、腋と同様に一目につきやすいエリアです。また、男性にとって重要なチェックポイントの1つですから、ムダ毛はしっかり処理をしておく必要があります。腋と脛との2つのエリアは、季節を問わずチェックされている場所です。しっかりと処理をしたり、脱毛サロンを利用したりして徹底的に取り除いておきましょう。

3つ目は二の腕です。

腋と同様に顔に近く、人目に付きやすいエリアです。腋や脛に次いで男性がチェックしているポイントでもあります。女性にとっては肘から指先までのラインが重要と判断しがちですが、二の腕はそれと同じか、それ以上に気になるエリアになっています。手先や手首は人目が集中しやすい為、しっかり剃毛や脱毛をしている方も多いものですが、油断をして二の腕を放っておくと思わぬドン引きを招くかもしれません。

4つ目は太腿です。

特に夏のように肌の露出が多い時期は要注意。二の腕同様、脛のエリアをしっかり処理しているから大丈夫と思っていると、思わぬ形で人目に触れて不潔な印象を与えてしまう事もあります。女性が力を入れて処理をしている手先や腕よりも、男性からチェックされているポイントです。太腿は、ムダ毛処理をすると特に綺麗になるエリアですから、自分で剃毛や脱毛をするだけでも異性にとっての魅力は上がりますし、脱毛サロンの利用等で効果を実感しやすいエリアになります。

5つ目は肩から背中のラインです。

男性の目は意外なエリアをチェックしているもの。後ろ姿を見た時、ムダ毛が生えているとドン引きされてしまいかねません。このエリアは自分で処理するのが難しく、確認もしにくいので、脱毛サロンを利用するのも良い方法の1つです。男性にとって女性の後ろ姿は魅力的なもの。自分を評価してくれる相手に魅力をより一層アピールするには、魅力を感じてもらえるエリアを綺麗に保つ事が大切です。