脱毛サロンのマルトク活用術

薄着の季節になると気になってくるのがムダ毛です。

特に毛の量が多い人にとっては、毎日のようにムダ毛のお手入れを行っても、夕方には毛穴に黒い点が出来るような状態になってしまいます。ムダ毛がコンプレックスになっていると、肌を出すことが嫌になってしまいがちですよね。

また、間違えたムダ毛の処理を続けていると、肌へのダメージが大きくなり、色素沈着や乾燥などの肌トラブルに繋がりやすくなります。
一度トラブルを起こしてしまった肌は、もとのようなきれいな状態に戻すことが難しくなってしまうので、トラブルになる前にプロの脱毛に切り替えていくことが大切です。

最近では脱毛専門サロンも増えてきたので、比較的低価格でお手入れを行うことが出来ます。各脱毛サロンで、メリットやデメリットが異なります。

http://datsumo-omiya.net

共通している点といえば、脱毛サロンでのお手入れは毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとに1回通う必要があるということです。効果の出方には個人差がありますが、12回程度通うことで、自己処理がほとんど必要なくなるような状態になります。このような状態にするまでには、長い期間脱毛サロンに通う必要があります。

早くお手入れを終了させたいという人におすすめする方法がが、脱毛サロンの掛け持ちです。これは、早くお手入れを終わりにするだけでなく、費用もお得に行うことが出来る方法です。脱毛サロンは、各サロンごとに特徴が異なります。

毛周期を関係なくお手入れが出来るサロンも登場しているので、このようなサロンも使うと目立つ部分のお手入れが短期間で終了します。また、それほど気にならない部位や、目立たない部位に関しては費用を重視したサロンを選択すると良いでしょう。

掛け持ちのよいところは、予約が取りやすくなるという点もあります。人気のサロンの場合、週末などに予約が集中してしまい、なかなか思い通りにお手入れに通うことが出来ないという問題があります。この点、掛け持ちをしている場合には、その日に空いているサロンを探して使用することも出来ます。

注意したいのが、同じ部位を短期間で色々なサロンでお手入れをしても、あまり効果が変わらないという点です。脱毛のお手入れには毛周期が深く関係しているので、毎週照射したからと言って、短期間で脱毛が完了するわけではありません。最も大切なことは、毛周期に合わせてきちんと脱毛サロンでのお手入れを繰り返し行うことです。

ムダ毛を濃くしてしまう6つのNG習慣

ムダ毛は、年頃になれば男女問わず多くの人が抱える体の悩みのひとつ。脱毛サロンを考えている人も多いでしょう。しかし脱毛サロンに通ったからといって、普段の生活がムダ毛に影響を及ぼしていれば、しっかりとした効果が期待できないこともあります。ここでは、ムダ毛を濃くしてしまう6つの習慣をご紹介します。

ムダ毛が濃くなる原因は、大きくいえばホルモンバランスの乱れと皮膚へのストレスにあります。

男性ホルモンの1つであるテストステロンは、男女を問わず分泌され、人にやる気や向上心、闘争心を高めてくれるホルモンです。普段は意欲的な生活をするのに良い働きをするのですが、これが分泌されすぎると、ムダ毛を濃くしたり髭を生やす原因となってしまいます。

テストステロンの増える原因は、運動不足や寝不足、喫煙といった生活習慣の乱れ。そして過度なダイエットによる栄養不足、ストレスの多い生活の継続、牛肉や豚肉など赤身中心の生活です。

また、加圧トレーニングのような過度な筋トレによってもテストステロンは分泌されますので、ヨガやストレッチなどの体をほぐす運動を中心にするべきです。

ムダ毛の濃くなるもうひとつの原因は皮膚へのストレスですが、これは脱毛や肌荒れによるものです。

皮膚がストレスを受けると、体は皮膚を守ろうとして皮膚を固くしたり、毛を増やしたり濃くして丈夫にしようとします。とくに自宅で行うカミソリでの剃毛は皮膚の表面ごと毛を剃ってしまうため、その影響は多大です。そしてすっきりつるつるの肌が癖になる毛抜きは、表面上は綺麗にみえますが、皮下には丈夫な毛根が残っており、毛穴が開いてしまったり、色素沈着や埋没毛など様々な皮膚トラブルを引き起こします。

どうしても自宅で自己処理をしたいときは、シェーバーでの剃毛が最も皮膚が傷つかず有効な脱毛方法です。また、冬は生活しているだけでも寒さによって毛は太くなる時期です。何よりも乾燥による皮膚ストレスは、毛を太く丈夫にするのに大変影響を及ぼしています。これを軽減するため、保湿クリームや保湿オイルでこまめに保湿をすることが大切です。

生活習慣の乱れ、過度なダイエットによる栄養不足、生活上のストレス、筋トレ、食べ物、そして自分で行う剃毛。ムダ毛を濃くしてしまうこの6つのNG習慣に気をつけて、生活を整えながら脱毛サロンに臨みましょう。

意外と見られている「うなじ」の産毛処理方法

ムダ毛の処理は女性の身だしなみにもなっています。足、わき、腕の処理は常識になっていますし、永久脱毛してしまっている方もいるでしょう。ムダ毛があるとないとでは、人からの視線も違ってきます。

しかし、意外と油断しているのがうなじです。うなじは首の後と横部分ですので、普段は自分では見えない部分です。うっかりチェックを忘れてしまっていた、産毛だから目立たないしと処理を後回しにしてしまうケースが多いですが、実はうなじはシーンによってはむしろ目立ってしまう場所です。

髪の毛をアップに人にあったり外出したとしましょう。自分の前に立っている人には見えませんが、すれ違いや後ろに来られた時には、うなじはちょうど目の高さですので自然と視線がいきます。ちょうど目の高さにあるので、産毛でもよく見えてしまうのです。脱毛処理をさぼっているなと思われてしまうかもしれません。さらに、美容室でヘアスタイルをきれいにしているつもりでも、髪はきれいになったけどうなじはちょっとということになってしまいます。見えないようで、見えてしまうと一気に細かく見えてしまう部位なので、常に手入れをしておきたい部分です。

しかし首の後ろは自分では見えませんし、自己処理しようとしても手も動かしにくいのが難点です。誤って肌を傷つけたりしては意味がありませんし、処理漏れがあると余計に恥ずかしいものです。おすすめは脱毛サロンでの脱毛です。肌に優しい方法できれいに傷みなく安全に処理してくれるのが脱毛サロンのメリットです。希望の部位だけを脱毛してくれる脱毛サロンも多くありますので、どこかの部位と一緒にでもいいですし、うなじだけでも脱毛できます。首の後ろは髪の毛との境目の微妙ですし、産毛と足のムダ毛との髪質も違います。個人の体質や髪質、部位によって適切な処理方法を選んでくれるプロなら、肌質もアップさせつつきれいな肌にしてくれるので安心です。

どんな時でもアップスタイルにしても堂々としていられる女性になるには、肌がきれいであることも大切です。いつもは髪の毛を下しているから気づきにくい部位ではありますが、意外にもムダ毛が目立つ部位だけに、スッキリさせてしまう方が手間も省けます。

間違いだらけのムダ毛処理!肌をいたわる自己処理方法って?

間違ったムダ毛処理は、皮膚へ負担を掛けてしまいます。大切な肌をいたわるためにも、できるだけ負担を少なくする必要があります。

例えばカミソリ処理。カミソリ処理は表面上のムダ毛を一時的に処理する方法なため、すぐに体毛は成長をして処理をすることになります。カミソリ処理は肉眼ではわかりにくいですが、何度も処理することで皮膚にたくさんの傷をつけます。回復をしない皮膚状態を、さらに傷めつける行為は、ムダ毛のない状態であっても、見た目には美しくはありません。やがて炎症は常に起こっている状態となり、皮膚には黒ずみとなって目立つようになりますし、鳥肌のような皮膚状態になります。

乾いた素肌にカミソリをあててしまうのも問題ですが、カミソリ処理後にお手入れをしないと、もっと皮膚は乾燥します。皮膚の乾燥は皮膚を守っているバリア機能を弱くさせるため、乾きやすい上に肌のトラブルに見舞われるようになります。皮膚の状態が回復しないうちに自己処理をすることで、次第に皮膚トラブルは増えていきます。

カミソリ処理をするのであれば、清潔な状態の新しいカミソリを使うことです。皮膚への保湿を怠ることなく、処理のときにはシェービングクリームなどを必ず使用します。シェービングをしたあとには、水分と油分の補給をするお手入れをしましょう。アフターケアは非常に大事であり、皮膚の保湿をしたら、ケアに使用をしたカミソリのお手入れもする必要があります。カミソリのシェービング力が衰えてくるので、新しい替刃への交換もする必要が出てきます。

しかしカミソリ処理は一時的な処理ですから、何回やっても脱毛ではなく、除毛の効果でしかありません。頻繁な処理を必要としますし、皮膚は良いコンディションを維持しにくくなります。毛抜きでの処理もできますが、無理やり引き抜くために、皮膚には負担となって、やはり良い皮膚のコンディションの維持には程遠くなります。肌に負担をかける自己処理方法となるために、これまでのように自己処理を続けるならば、脱毛サロンでの脱毛を検討するのも良いでしょう。

アンダーヘア未処理女子が海外でNGな理由

脱毛サロンで人気がある部位の一つがアンダーヘアです。このアンダーヘア、海外では脱毛していたり何らかの処理をしていない女子は全くモテません。その理由は一体何でしょうか。

まずは何よりもビジュアルの問題です。
例えば薄着になったりランジェリー姿になった時、例えば毛がはみ出している、毛がボーボーでチクチクする、というのは彼のビジュアルを萎えさせます。毛が長いのならカット、シェービング、ワックス処理などが必要でしょう。
ランジェリー姿の美しさ、薄着になった時の美しさも重視するのが海外です。このため、アンダーヘアがボーボーだとそれだけでNGなのです。

もう一つのデメリットとしては状態でしょう。
実は欧米ではアンダーヘアが生えている状態は不衛生であり、愛しあうときなどにも良くない状態だと信じられているのです。実際、ラブタイムなどにも毛が邪魔でなんだか萎えてしまう、という男性は多いもの。
このため、脱毛サロンなどで処理をし、全く生えていない状態にすることが望ましいとされています。特に脱毛意識の高い国になると、女性は皆ムダ毛処理を積極的に行っています。
清潔さを望むのなら、脱毛サロンなどでしっかり処理をしましょう。

また、これは海外の人の美容意識というより、もはや常識ともなっているためです。
海外の場合はアンダーヘアは全く無い状態が望ましいのですから、もちろんムダ毛なども許しません。ある程度の年齢になればケアをし、お金があれば処理をするものなのです。
特に全く無い状態をおすすめされることもあるでしょう。もちろんパートナーが日本人であなたも日本人だというのなら、全部を綺麗にしておくと今度はドン引きされることもあるかもしれません。ただ、処理をしている状態のほうが、外国の人にはウケが良いのです。

ちなみに、こういう部位を綺麗にしていないというのは、文化的ではない、先進的ではないという意見もあります。
ある人によれば、デリケートゾーンを綺麗にすることはパートナーに対する礼儀でもあり、同時に美意識の高さでもあるようです。女性のアンダーヘアがあることは不衛生で不潔なため、ジャングルになっているのは良くないという意見が多いのです。
このため、彼がもし海外の人なら、定期的な処理を行う必要が出てくるかもしれません。こういう部位の脱毛は抵抗感があるかもしれませんが、実際にやってみるとかなりツルツルになり、清潔感もとても大きくなり、手入れも楽になります。

男がドン引く、キレイ目女子のムダ毛箇所BEST5

男性からドン引きされる、ムダ毛の注意箇所の1つ目は腋です。腋は女性が見られる際に、最も気になるムダ毛のチェックポイントになっています。人の目が集中しやすい顔の部分に近く、ちょっとした動作で見えやすいエリアですし、腋毛が処理されていないと相手に不潔な印象を与えてしまいます。酷い場合は、それまで好印象を与えていた相手に幻滅されてしまう事もあるものです。自分でしっかり剃毛や脱毛の処理をしたつもりでも、意外と剃り残しがあるエリアでもあります。

2つ目は、脛です。膝から下のエリアはどのような服装でも露出しやすく、腋と同様に一目につきやすいエリアです。また、男性にとって重要なチェックポイントの1つですから、ムダ毛はしっかり処理をしておく必要があります。腋と脛との2つのエリアは、季節を問わずチェックされている場所です。しっかりと処理をしたり、脱毛サロンを利用したりして徹底的に取り除いておきましょう。

3つ目は、二の腕です。腋と同様に顔に近く、人目に付きやすいエリアです。腋や脛に次いで男性がチェックしているポイントでもあります。女性にとっては肘から指先までのラインが重要と判断しがちですが、二の腕はそれと同じか、それ以上に気になるエリアになっています。手先や手首は人目が集中しやすい為、しっかり剃毛や脱毛をしている方も多いものですが、油断をして二の腕を放っておくと思わぬドン引きを招くかもしれません。

4つ目は、太腿です。特に夏のように肌の露出が多い時期は要注意。二の腕同様、脛のエリアをしっかり処理しているから大丈夫と思っていると、思わぬ形で人目に触れて不潔な印象を与えてしまう事もあります。女性が力を入れて処理をしている手先や腕よりも、男性からチェックされているポイントです。太腿は、ムダ毛処理をすると特に綺麗になるエリアですから、自分で剃毛や脱毛をするだけでも異性にとっての魅力は上がりますし、脱毛サロンの利用等で効果を実感しやすいエリアになります。

5つ目は、肩から背中のラインです。まさかそこまでと思うかもしれませんが、男性の目は意外なエリアをチェックしているもの。後ろ姿を見た時、ムダ毛が生えているとドン引きされてしまいかねません。このエリアは自分で処理するのが難しく、確認もしにくいので、脱毛サロンを利用するのも良い方法の1つです。男性にとって女性の後ろ姿は魅力的なもの。自分を評価してくれる相手に魅力をより一層アピールするには、魅力を感じてもらえるエリアを綺麗に保つ事が大切です。